« 忘年会・新年会ならココ! | トップページ | ホンモノを観る »

2007年12月16日 (日)

おニューのシューズで

  ニュー・シューズで走る。

まっサラで、少し照れくさい。

けれど嬉しく、足取りは軽い。

日の出直後の青空の下を走りながら、

新しい運動靴を買ってもらって意気揚々の小学生の時分を

思い出していた。

 

昨日、御徒町アートスポーツ本店で、

MOTION CONTOROL ANALYSIS という、

足を立体的に測定して、さらに

ビデオキャプチャーでランニングフォームを解析して、

ジャストフィットのシューズを探してくれるという

ニューバランスのフェアに参加した。

 

最初のフルマラソンでは、中級者モデルのきつめのシューズで参加し、

第一、二指の爪が内出血して死んで、さらにマメだらけになった。

2度目は、幅広の初心者練習用モデルで出場したのだが、

今度はゆるすぎたせいか、右第二指の爪が内出血。

マメはほとんど出来なかったものの、

やはりシューズの選択に課題が残った。

その後、何度かシューズを買い替えたいと思いつつ、

ショップを覗くものの、いまいち気が進まずに、

へたへたになったシューズを5年近くも履いていたのだった。

こういうシューフィッターが診てくれる機会を

ずっと待ち望んでいて、開催を知り、

仕事の合間にわざわざ駆け込んだのだ。

 

先客がおり、小一時間待たされる。

なかなか思うようなシューズが見つからないらしい。

彼も今までシューズ選びで失敗していたんだろうなぁ。たぶん。

僕の番が来た。

持参した約5年履いた底のツルツルのシューズを先に診てもらう。

担当者に苦笑交じりに『これはもう寿命ですねぇ』と笑われた。

擦り減ったソールからも走りの癖が分かるという。

続いて足の測定。

なんと、僕の足は右足が左よりも5ミリも短かった。

足囲はほとんど同じ。

どうもこの5ミリの差で、

どうしても大きい左に合わせてシューズを買ってしまい、

結果右足がゆるいので指が靴中で暴れてしまい、

指を痛めるのだそうだ。

確かに痛めるのは右足が多かった。

 

さて、彼の勧めるモデルを履いて、

ランニングマシーンで走ってみる。

最初は初心者向けのソールがフラットなモデルで

アーチ部分のくびれがない。

なかなか着地時の足が安定してよろしい。

それに軽い!

ビデオキャプチャーで確認すると、

右足が少し外に開き気味の走り方をしていた。

どうもこれは僕のクセらしい。

 

僕が次回の東京マラソンではサブフォー狙いですと言うと、

彼は、それならこれも試してみて下さいと、

RT902を持ってきてくれた。

アーチ部分もしっかりくびれがあり、見るからに速く走れそうなデザイン。

これはさらに軽く、足にもジャストフィット!

走ってみると、着地時の路面の感覚はこっちのほうがある。

前者よりはクッションは劣る感じだが、

路面をしっかり蹴って走れる感じがする。

 

どちらにするか悩んだが、

やるからには自己記録更新!という訳で、

後者のRT902を購入した。

 

NBの担当者も、次回東京マラソンに出場すると言う。

お互い頑張りましょう!次は会場でお会いましょう!

と笑顔で店を後にした。

 

それにしては、このショップの品揃えは充実している。

次々とランニング途中のお客が立ち寄るのも納得だ。

 

0712162_2

気分爽快に、

いつものコースで7キロの

試し走行を終え、

土手下に下りると、

モグラ塚が白く光っていた。

今朝はかなり冷え込んだなぁと

思っていたら、

それもそのはずで、

霜が降りていたのだった。

冬もいよいよ本番。

寒さに負けずに

ランも仕事も頑張るぞ~!

|

« 忘年会・新年会ならココ! | トップページ | ホンモノを観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166800/17384069

この記事へのトラックバック一覧です: おニューのシューズで:

« 忘年会・新年会ならココ! | トップページ | ホンモノを観る »