« ごく当たり前のことが奇跡 | トップページ | 足の形 »

2007年11月 1日 (木)

ユリカモメに問ふ。

今日から11月。

どおりで明け方は冷え込むわけだ。

ここ数日、ちょっと体がガチガチでだるかったのだが、

月初めということもあり、頑張って走るが、5キロでやめておく。

そういえば土手上を歩く人たちも、しっかり重ね着をしているなぁ。

 

ランネットで今朝の記録を打ち込み、

10月の走行距離を確認すると、

目標100キロのところを上回って、

124キロ!結構頑張って走っていた。

このペースであと100日間いければ、

サブフォーは夢ではないかな。

 

一昨日、河川敷でストレッチをしていた際に、

すぐ近くまで近寄ってきた、

ユリカモメのつがい。

Pa0_0000

彼らも渡り鳥らしいが、

そういえば最近まで見かけなかったなぁ。

温暖化が進むと、

彼らは渡ってこなくなるのだろうか。

 

携帯の電波が、

彼らの体内磁石を狂わせるとも聞いているが、

早急に解決をしないと、

こうして毎年彼らに会うことは出来なくなっちゃう。

 

・・・どちらも人間のしわざ。

 

・・・と考えながら、僕は

電源オンでケータイカメラで彼らを撮ったんだっけ。

ちょっと反省。複雑な心境。。。

 

ユリカモメ君、

ほんとのとこ、どうなの?

 

 

|

« ごく当たり前のことが奇跡 | トップページ | 足の形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166800/16940033

この記事へのトラックバック一覧です: ユリカモメに問ふ。:

« ごく当たり前のことが奇跡 | トップページ | 足の形 »