« たまには外の刺激も・・・ | トップページ | 柚子とウォールナットと・・・ »

2007年6月 6日 (水)

改正建築基準法に思ふ2。

昨日は柏市内をうろうろと。。。

先ず、新規ご依頼の現地調査へ柏駅近くへ。

3ヶ月前に行った際に建築中だった隣家が竣工していた。

パステルピンクの外壁になっていたのを見て

少々めまいを感じつつ、敷地周囲をもう一度見て歩く。

敷地周囲が空地なため、隣家に面した側以外は結構目立つ。

歩きながら頭の中であれこれ構想を練る。

 

その後、改正建築基準法講習会を聴きに柏市文化会館へ。

5分前に到着し、会館内のトイレへ行こうと案内表示どおりに進むが、

Rの付いた壁面を辿りながらぐるぐる客席下へ吸い込まれるような

動線を長々と歩かされ、幅の狭いR壁向こうから歩いてくる

用を足し終わった人と何度かぶつかりそうになりながらやっとトイレへ。

正直、こんな動線計画の悪い建物は初めてだ。

 

広い会場内には1000人くらいはいただろうか。

今回の法改正への関心度が伺われる。

噂どおり、

今回の法改正は建築設計実務者にとっては

過去にないくらいの実務レベルでの厳しい対応を迫られることになる。

『完全無欠の設計図を着工前に作成せよ』ということに尽きてくるが、

現場が始まってからのお施主様からの要望による変更も、

許可が下りるまで現場を長期間止めてしまうことになるので

これからは簡単には出来なくなる。

構造的に良い方への現場変更をしても

規模によっては再審査となり、現場がストップする。

もちろん、再審査による費用の負担はお施主様へはね返る。

もし手続きを怠れば、設計者も建築主も罰則が科せられる。

現在でも世界一法規制が厳しいといわれる日本の建築基準法に、

さらに建築確認申請手続き等で

ここまで厳しくするのはいかがなものか?

今まで甘かった罰則の強化だけでは足りなかったのか?

一連の騒動による波紋は予想以上に大きかったと実感した。

 

一方、今回の法改正で評価できるものもあった。

・名義貸しへの罰則に懲役と罰金が明記されたこと

・・・これで、少しは社会的に建築士の立場が改善されると思う。

  又、粗悪欠陥建築は減ることであろう。

・道路に関する情報管理の適正化

・・・特に2項道路の拡幅の促進に寄与すると思う。

  次の段階としては、

  僕はセットバックを守らない土地所有者に対して罰則と、

  行政に強制執行権を持たせても良いと思っている。

  

 

そんなことをぶつぶつ考えながら、柏市役所へ。

道路調査も、数年前までは大きな台帳を広げてめくり探したが、

今はカウンターに載っているPC画面で住所を入力して

すぐに検索できる。本当に便利になった。

 

いつもの県道51号を頭をもやもやしながら辿り、

久しぶりの講習会で頭が疲れ甘いものが欲しくなり、

和ふ庵に当然のように寄った(笑)

お施主様からの情報の季節限定品、『和ふ柚子』は売り切れ!

しかし、試食をさせてもらい少し満足(笑)。

うーん、美味しい(笑)。

|

« たまには外の刺激も・・・ | トップページ | 柚子とウォールナットと・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166800/15353496

この記事へのトラックバック一覧です: 改正建築基準法に思ふ2。:

« たまには外の刺激も・・・ | トップページ | 柚子とウォールナットと・・・ »