« 中国ラーメンと古本 | トップページ | 代謝建築が・・・ »

2007年5月 6日 (日)

皮膚感覚

今朝は予報に反して雨が降っていなかったので、

今のうちにと飛び起きてランニングへ。

しかし、土手に上がると同時に、

『ゴロゴロゴロッ!』と雷様の音。

と同時に、ボツリポツリ雨が降ってきた。

こうなるともう笑うしかない。

どうせ汗をかいて濡れるのだからと、

雨の中を走ることにした。

 

雨に打たれながら走っているうちに、

本降りになってきて次第に目を開けているのもきつくなる。

それと同時に、皮膚にリアルに感じられる雨の感覚から、

ふと懐かしい感覚が蘇って来た。

 

学生時代、早朝雨天時にバイクでの新聞配達で

雨が体に当たる感覚・・・

鹿児島から神戸まで、深夜に土砂降りのの高速道路を

バイクでほぼノンストップで走りきったときの雨の感覚・・・

さすがに後者では時速100Kmで体に当たる雨は痛く、

途中からその痛みは麻痺してきて心地よくなり、

何度か居眠り運転していたっけ・・・今考えると恐ろしい(笑)

最近、すっかりこういう身体的な感覚から遠ざかっていた。

映画で感動して涙と一緒にストレス物質を流すように、

雨に打たれていると、うつうつしている物が一緒に

洗い流されるような感覚がある。

たまにはこういうことも体に良さそうだ。

びしょぬれで帰宅したが、気分は爽快だった。

 

昨日は午前中に愛車ネイキッド君の洗車をした。

なんとまだ今年2回目だ。

汚れまくっている愛車を見ているのは大変心苦しい。

心の中で言い訳をしつつ謝りながら、丁寧に洗った。

今日雨が降ることは予報で知っていたのだが、

今日を逃すと次がいつになるかわからないので仕方がない。

エンジンルームを点検をしたら、

ラジエーター液がLowレベルを

大きく切っているのに気づいた。

普段、ほとんど仕事での使用なのだが、

彼には一人の所員並みの活躍をしてもらっている(笑)。

大切にしなくてはと思った。

 

午後からは妻と出勤。

お互い仕事にほぼ無言で集中して、

短時間でも結構はかどった。

 

我が家にはテレビがないため、晩御飯の後は、

FMをBGMにお互い思い思いに読書タイムとなっている。

結構これが有意義に過ごせるので、当分の間はこのままだろう。

昨晩は一昨日買った『少年とアフリカ』を読む。

対談集なのでサクサク読めるが、現代社会問題がテーマなので、

結構考えさせられる。

小説『永遠の仔』著者が考える、

児童虐待、いじめ、殺人。。。について、

自分の考えと擦り合わせながら、内容にのめりこんだ。

こう言う犯罪を完全になくすことは不可能だが、

僕にも何か出来ることはありそうだ。

|

« 中国ラーメンと古本 | トップページ | 代謝建築が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166800/14977739

この記事へのトラックバック一覧です: 皮膚感覚:

« 中国ラーメンと古本 | トップページ | 代謝建築が・・・ »