« 四畳半とアコヤ貝そしてバベル | トップページ | 金物検査 »

2007年5月 2日 (水)

寝覚めの悪い朝は・・・

昨晩は頭痛がきつくなり、目を開けているのも辛かった。

頭痛とは、子供の頃からの長い付き合いだ。

寒気も少ししていたので、いつもより早めに就寝。

 

薬のせいか、眠りが浅く夢をたくさん見た。

今朝方最後に見た夢はリアルで、ほとんどの内容を覚えていた。

今でもよく見る、大学時代に新聞奨学生として下宿していた

新聞店が舞台の夢・・・

 

深夜を通しで先輩と後輩一緒に新聞の折り込み作業をして、

なぜか午前1時くらいに、後輩達が『お先に失礼します』といなくなる。

その後先輩と僕は、専業さん達が来るまで時間があるので

ちょっと仮眠をとろうと、隣の部屋でごろ寝する。

 

。。。気持ちよく眠っている先輩と僕。

 

・・・隣から、『トントントン』と、新聞を揃える音が聞こえ目を覚ます。

 

僕 『先輩!僕達今日は通しでしたっけ?』

  (本当は通しなどという業務形態はない)

 

先輩 『しまった、やばいぞ寝過ごした』

 

慌てて作業場へ戻ると、専業さん達が無言で作業を進めている。

リアルに大学時代にお世話になった専業さん達が勢ぞろいしていた。

謝りながら店に入っていく僕達・・・。

 

。。。ここで目が覚めた。

 

実は、この舞台設定の夢は今でもたまに見るのだが、

これだけ登場人物が全てリアルに出てくるものは珍しい。

しかも、通しの勤務って・・・何なのかなぁ(笑)

 

当時、実際に寝坊したのは1回だけである。わずか15分位。

毎日3時起床というのは確かにキツかったが、

寝る前に『後何時間後に目を覚ます』と自己暗示を掛けていた。

3時に起きるということに毎日緊張感を持っていたように思う。

 

そんな寝覚めの悪い夢はすっきり覚まさねばと、

頭痛はすっかり治っていたので、飛び起きて走りに出た。

 

後味の悪い夢だったが、当時お世話になった方々が

やたらリアルに出てきてくれたので、なんか嬉しくもあり、

少し余韻に浸りながら

雨上がりの土手を気分良く走った。

風を感じ、雨の匂いを感じ、そして濡れた草花を見る。

夢とは違いやっぱりリアルだ。

 

夢は、脳が記憶の整理をしている状態と聞いたことがあるが、

これだけストーリーが繋がるというのは、

やっぱり現在の精神状態を表しているのか?とも思う。

 

なぁんて考えていると精神衛生上よろしくないので、

良い方にとって、今晩は寝覚めの良い夢を見よう(笑)

|

« 四畳半とアコヤ貝そしてバベル | トップページ | 金物検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166800/14924124

この記事へのトラックバック一覧です: 寝覚めの悪い朝は・・・:

« 四畳半とアコヤ貝そしてバベル | トップページ | 金物検査 »