« 洪水ハザードマップ | トップページ | 100円ショップ »

2007年4月29日 (日)

プランの神様

昨晩から事務所にてプランを練りつつ朝を迎えた。

今回はなかなか『プランの神様』が降りて来てくれず、

眠気にも何度か負けながら少々難儀した。

納得の行かないプランをお施主様へプレゼンするわけには

いかないので、

『プランの神様』が降りてくるまで、時間ギリギリまで悩み清書をする。

毎回打ち合わせ直前まで作業をすることになる。

今朝もいつもと同じ様にギリギリまで悩み、

なんとか納得出来るプランに仕上げ、

午後の打ち合わせのギリギリまでバタバタとやっていた。

 

これは僕の性分なのだと、最近よく考える。

思えば学生の頃から、それも小学生の頃からそうであった。

図画工作の課題などは特にそうで、

先ずテーマを決めるまで悩む。本気で悩む。

家にまで持ち帰って深夜まで悩んでいた。

友人達はとっくに着手して早い者だと完成させて遊んでいるのに、

僕は着手前のスケッチも途中だったりしていた。

しかしそれでも焦ることはなかった。

早さよりも出来上がった物に満足出来ないと駄目な自分がいた。

 

自分の中で、締め切りがあるのを自覚はしながら、

許される時間を一杯まで使って仕上げていた。

何かそうでなくては物を創るということは駄目なんだと

思っていたようでもあるが、

今の仕事をするようになってから、

そういう考える過程を好きで楽しんでいる自分がいることに気づいた。

 

同業の友人が、

机の前に『好きこそ物の上手なれ』と書いた紙を貼っていると

言っていた。(英語で書いてあるって言ってた。さすが!)

僕もその通りだと思いながら、だから続けている。

 

建築設計というものは、

小学校の図画工作とは違い自己満足ではいけない。

作り上げた図面の良し悪しで、

お施主様の幸せまで左右することになる。

だから、小手先だけで仕上げる事は出来ない。

 

修行時代の設計事務所所長が、

『お前らの引く一本の線で、お施主様を幸せにも不幸にもすることが

出来るんだぞぉ!』とよく言っていた。

大げさではなく本当にそう思う。

 

なんかとりとめのない話になってしまった。

さぁ、明日も『プランの神様』がご降臨して下さるよう、

祈りながら休もうか(笑)

|

« 洪水ハザードマップ | トップページ | 100円ショップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166800/14888390

この記事へのトラックバック一覧です: プランの神様:

« 洪水ハザードマップ | トップページ | 100円ショップ »