« ラジオ体操 | トップページ | トンネル路地 »

2006年9月20日 (水)

東京タワー

先日、知人宅からの帰り道に数年ぶりに国道1号線を東京方向に向い走行中、

突然道路中央に、ライトアップされた東京タワーが現れました!

こんな風に車で走行中に東京タワーを観るのは本当に久々で、

思わずわざと信号待ちで先頭に停車して、数枚シャッターを切りました。

Kc350048

わざと指でケータイのカメラレンズを撫でて撮ったのがこの写真。ちょっといい感じでしょう?

休日夜の桜田通りはさすがに車も少なく、写真のようにとても幻想的でした。

普段この道を通っている人々にとってはいつもの光景ですが、僕のように予期せずこのような光景を目の当たりにしたらホント感動モノですよね。

丁度数日前にテレビで、東京タワーを設計した内藤多仲氏の設計時のエピソードを紹介していましたが、これだけ高い建築物を最小限の鉄骨により、用と美を兼ね備えさせた技術は世界中を見ても未だにトップクラスものだと思います。特に重量で柱脚が開かぬように鉄棒を現場であぶり膨張させてから柱脚を対角線に固定したというアイデアには感心しました。ローテクでもこれだけ丈夫な建築物が成立しているのです。見えるところではスマートに、見えないところで頑丈にですね。

この後、タワー下付近で停車してしばらく眺めた後、気分良く発車して余韻に浸っていたら、すぐに後ろから『そこの習志野●●-●●次の信号で停車しなさい!』とパトカーからの声が!

訳が分からず、頭の中で『あぁ、これでゴールド免許とはお別れかぁ・・・』と、おとなしく停車したところ、なんと僕は無灯火で走っていたのでした(汗)

警官に、タワーに見とれて一時停車し、発車した際にあまりに周囲が明るかったため、点灯し忘れましたと低姿勢で謝り、何とかお咎めなしで無罪放免。田舎モノ丸出しでした(笑)

|

« ラジオ体操 | トップページ | トンネル路地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166800/11965919

この記事へのトラックバック一覧です: 東京タワー:

« ラジオ体操 | トップページ | トンネル路地 »