« 育ってきました! | トップページ | シロアリ被害 »

2006年4月30日 (日)

水道水について

今でこそミネラルウォーターが販売されるようになったり、家庭でも浄水器の使用が一般的になってきていますが、

それまでは日本の水道水は世界でも高品質の水質だとずっと聞かされてきて、水道水をそのまま飲用とすることに何のためらいもなく、また安全を疑うことはなかったと思います。

地元市川で独立して、新規に土地をご購入のお施主様のお手伝いをするようになり知った事実なのですが、平成元年よりも前に造成された宅地や住宅には、水道管に『鉛管』を使用したままの場合があります。

千葉県水道局のホームページには、鉛管は『道路内の配水管分岐部から宅地内のメーター周りまでの給水管として主に使用されています。』との記載があります。

水道局へ問い合わせをしたところ、平成22年までに県内全ての鉛管を撤去・交換すると言う事ですが、それまでの間は自己防衛しなくてはなりません。

同ホームページには、人体において摂取すると有害である物質が水道水に溶け出す事実が次のように説明されています。

『給水管に鉛給水管を使用されているご家庭などでは、ごく微量の鉛が溶け出すこともあります。念のため、最初のバケツ一杯分程度は飲用以外にご使用ください。』

これはかなり重要事項だと思うのですが、どのくらいの家庭で周知されているのかは疑問です。

【鉛水質基準強化に係る取り組みについて】

http://www.pref.chiba.jp/suidou/topics/h16/041008/namarikijyunnkyouka.htm

鉛の健康被害については以下のような報告があります。

【身近に潜む鉛、水銀、有害物質】http://supplement.popstyle.net/archives/040/post_2.php#more

鉛管を使用している世帯は平成17年3月末現在、約17万7千本が残っているとのことで、もし気になる方は最寄の水道局へお問い合わせされる事をお勧めいたします。

ちなみに、私の事務所では建築時期から考えて間違いなく鉛管であるようです(苦笑)

最近では、朝一番の水は、洗物などをして飲用に使わないように心がけています。

【朝一番などの水道水の使用方法について】

http://www.pref.chiba.jp/suidou/topics/h16/041008/namari.html

 

《追記》

その後、当事務所では鉛除去フィルター付浄水器を取り付けています。

ご来所の方、ご安心下さい(笑)

|

« 育ってきました! | トップページ | シロアリ被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166800/9758349

この記事へのトラックバック一覧です: 水道水について:

« 育ってきました! | トップページ | シロアリ被害 »